【飲酒】免許再取得の流れを解説!取消処分者講習は仮免許証がないと受けれない!?

アクアドライビングスクール広報担当のあいりです!
免許取り消し後、再取得をする場合の流れって
あまり説明されていないので、「どうしたらいいのかな?」
疑問はありませんか?

今回は、その疑問を解決するために分かりやすいよう記事にしてみました!
個人個人の欠格期間によってケースが違ったりします
だいたいの流れは同じですので参考になると思います。

弊社では欠格期間やあなたのライフスタイルによって
それぞれにあった再取得のスケジュールも提案することもできますので
ご希望の場合は毎週水曜日に行われています「無料相談会」をご利用くださいね!

それでは解説していきます^^

免許再取得を検討する前に確認したいこと

欠格期間満了日が近づいてくると「そろそろ準備しようかな」と
自動車学校や再取得について、いろいろ検索するかと思いますが
1点注意してほしいのが「欠格期間満了日」です。

欠格期間とは免許を取得することができない期間をいい、前歴回数と累積点数によって決まり
一般違反行為なのか特定違反行為なのかによって基準がことなります。
欠格期間は最長で10年間となっています。

なので満了日は人それぞれ違います。
この満了日によって再取得時に必要な講習「取消処分者講習」を受ける時期を
考える必要があるので注意が必要です。

どうして考える必要があるのかというと。

  • 「取消処分者講習修了証書」の有効期限が1年間であること
  • 講習後に受験する本免学科は「欠格期間が満了していること」が条件であること
  • 講習を受ける時期が2~3か月待ちの場合があること

これらの点を考慮して、再取得のスケジュールをたてる必要があるからです。
下記で詳しく説明しますが、これらの点を考慮せずに進めてしまうと、
修了証書や仮免許証の期限が切れてしまうという事態になる可能性もあります。

なので欠格期間満了日を考慮しながら、再取得のスケジュールをたててくださいね!

取消処分者講習とは?

「取消処分者講習」とは取消処分を受けた方が
免許を再取得するため受けなければならない講習のことを言います。
受講することで運転免許試験の受験資格をもらうことができます。

一発試験で免許再取得する場合は、指定自動車学校で受講する必要があります。
(※沖縄県の場合)
上記でお伝えした「講習を受ける時期が2~3か月待ちの場合がある」というのは
自動車学校がだいたい1月~4月は繁忙期となるため、その時期は
講習の予約が取りにくくなります。

この取消処分者講習は、免許取り消しの原因となった違反の種類によって講習が異なります。

講習の種類→通常の取消処分者講習飲酒での取消処分者講習
対象者→飲酒以外の違反者酒酔い運転や酒気帯び運転など飲酒での違反者
講習日数→2日連続第1日目、第2日目(1日目の約30日後)
講習時間→1日目7時間、2日目6時間1日目7時間、2日目6時間
講習内容→①運転適性検査の実施と指導①通常の内容5項目(1日目)
②技能指導②呼気検査機を使用した呼気検査(1日目)
③危険を予測した運転指導③アルコールスクリーニングテスト(1日目)
④感想文④ブリーフ・インターベンション(1回目)(1日目)
⑤他⑤呼気検査(2日目)
⑥ブリーフ・インターベンション(2回目)(2日目)
⑦ディスカッション
⑧他
注意)地域によって異なる場合があります

あくまでも目安となる表ですが、このような内容で講習は行われます。

通常の場合は連続して2日間の講習がありますが、
飲酒での取消処分者講習の場合は、約1か月分の日誌にようなものを
提出しなければならないので、第1日目の約30日後にあたる日に
第2日目が行われます。
なので飲酒での場合は、講習が終わるまで約1か月間かかります。

免許再取得の流れ

では、再取得の流れをご説明していきます!
ここでの「再取得」は「一発試験での再取得」となりますので
自動車学校へ通う場合は、流れが違いますので注意してくださいね。

一発試験については下記の記事で詳しく解説していますので
「一発試験ってなに?」という場合は、
ぜひ目を通しておいてくださいね!

★クリックすると、ここから読めます!

再取得の流れは、上の画像にもありますが

  • 仮免学科試験
  • 仮免技能試験
  • 取消処分者講習
  • 本免学科試験
  • 本免技能試験

という流れになっています。

下記では例を使って、シミュレーションしてみます!

<シミュレーション>効率よく免許再取得をするには?

ではまず、スケジュールを組むのに基準となる欠格期間満了日を
「8月15日」とします。
その満了日から逆算していくと、「自分がいつから試験を受ければいいのか」
という点が見えてきますので、効率よく免許再取得に向けて行動することができますよ!

免許再取得をする際にポイントがあります。

  1. 欠格期間満了日までに「取消処分者講習」の2日目を終える
  2. 欠格期間満了日1か月前までに「取消処分者講習」の1日目を受講する
  3. 仮免技能試験に合格しなければ「取消処分者講習」は受講できない
  4. 「取消処分者講習」期間中に本免技能試験に向けた練習をすると合格率UPする

この4つのポイントをしっかりと押さえてもらいたいので、
それぞれをさらに詳しく解説していきますね。

①_欠格期間満了日までに「取消処分者講習」の2日目を終える

どうして欠格期間満了日までに「取消処分者講習」の2日目を終える必要があるのか?
理由は「本免学科試験は欠格期間が満了していることが条件だから」です。

例に当てはめてみると、
・8月15日が欠格期間満了日なので8月14日までに取消処分者講習2日目を終える
そうすると、欠格期間満了日と講習がともに終了しているので
講習後すぐから「本免学科試験」を受験することができます。

取消処分者講習を終えると「取消処分者講習修了証書」がもらえるのですが、
この修了証書の有効期限は「1年」となりますので、切らさないように注意しましょう。

②_欠格期間満了日1か月前までに「取消処分者講習」の1日目を受講する

先ほどは取消処分者講習の2日目の話でしたが、次は1日目の開始日について。

例に当てはめてみると、
・8月15日が欠格期間満了日なので7月14日までに取消処分者講習1日目を受講する
そうすると、取消処分者講習2日目は1日目の約30日後となっているので
1日目の約1か月後が欠格期間満了日となり、取消処分者講習期間中に
欠格期間も満了となります。

③_仮免技能試験に合格しなければ「取消処分者講習」は受講できない

ここまでは「取消処分者講習」の開始と終了日を逆算してきました。
次は「取消処分者講習」を受けるための逆算をしていきましょう!

取消処分者講習を受講するためには、仮免技能試験を合格しなければいけません。
試験合否は試験官による判断が必要なので、自分で調整することはできませんが
スケジュールをしっかり組んでおかないと、免許再取得までに
かなりの日数を使ってしまいます。
それはもったいないので、しっかりと逆算して試験を受けましょう!

では例に当てはめてみます。
・7月14日までに仮免学科、仮免技能試験を合格する
上記の画像では
・3月 仮免学科試験
・4月 仮免技能試験
としていますが、仮免学科試験は問題をこなせば解けるので
・仕事が忙しい
・時間が限られている
という場合以外は1か月程度では合格することができます。
なので試験を受ける時間があれば1か月程度で
仮免学科・技能試験に合格することができます。

ただ技能試験に関しては、試験官の判断によるものなので
1か月以上かかる場合もあります。
そういう点でも1~2か月を目安に仮免学科、技能試験を受けるといいですよ!

この部分は、あなたの生活スタイルや使える時間を考慮して
考える必要がありますので、参考にしながら逆算してみてくださいね。

④_「取消処分者講習」期間中の試験対策が重要

ここで重要なポイントをお伝えします。

①~③のポイントを押さえることも大事ですが、さらに重要なポイントがあります。
それは「取消処分者講習」の期間中に
本免技能試験に向けた運転練習をしていると、合格率がUPする!です。

取消処分者講習は「飲酒」などの取消の場合、
1日目とその約30日後の2日目、なので約2か月間の期間があります。
その間は試験を受験することはできませんが、仮免許証を持っているので
条件を満たせば本免技能試験に向けた運転練習が可能です。

ここでしっかりと練習ができていれば、無駄な2か月間にならず
大事な期間として過ごすことができます。

アクアドライビングスクールのお客様も、この期間中に
しっかりと動画復習と技能練習を入れることで
1回で合格したり、予定よりも早く免許取得することができています!

なので、あなたも「取消処分者講習期間中は何もできない」と思うのではなく
技能試験に向けた運転練習を行い、応用が求められる本免技能試験で
「素晴らしい運転でした!」と高評価をもらえるよう練習しておきましょう!

個別無料相談会へのお申込みは、下記までご連絡くださいね!

* * * * * * * * * * * * * *

▼メールアドレス

office@aqua-driving.okinawa

▼公式LINEの登録はこちら

https://line.me/R/ti/p/@891rpqht

▼オンライン予約

https://select-type.com/rsv/?id=nC1njBle0uQ

* * * * * * * * * * * * * *

基本的には3日営業日以内には
ご返信いたします。

あなたからのご連絡をお待ちしています★

—————————————————-■

まとめ

いかがでしたでしょうか?
お伝えしたい内容が多すぎてボリュームが凄くなってしまいました。
「ちょっと前半、忘れちゃった」という方に、ざっくりとまとめてみます。

そろそろ欠格期間が満了になる方は、ぜひ上記の内容を確認して
計画を立ててみてくださいね!
もし「一人では難しいなぁ」「ちょっとよく分からないなぁ」という方は
悩んでいる時間はもったいないので
アクアドライビングスクールの無料相談会をご利用くださいね!
すぐに解決できますよ!

今回も長くなりましたが、最後まで読んでくださり
ありがとうございました!!

━━・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・━━

アクアドライビングスクール 沖縄本校

  • 経営理念 –
    一生使える運転技術を提供し、
    みなさまの安全・安心・幸せな毎日を
    全力でサポートいたします。
  • 事業内容 –
    ・ペーパードライバー講習
    ・一発試験対策
    ・身障者運転再開支援
    ・オンラインスクール事業(沖縄県内初)
  • メディア –
    ・沖縄県経営革新計画 承認
    ・沖縄タイムス掲載
    ・経営ラジオ番組 ゲスト出演

事務所:那覇市久茂地1-1-1-9F

電話番号:098-800-1826
※オペレーターに繋がりますのでご用件をお申し付けください。

急用の場合:080-4273-8131

ホームページ

入校案内、各SNSはリンクツリーから★

オンライン予約はこちらから!

━━・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・━━

関連記事

  1. 女性 質問

    1回の練習でも効果あり!?一発試験を受ける前に答え合わせしま…

  2. 悩む、不安、悩み、ストレス、時間、制限

    家族や職場に申し訳ない。

  3. 【お問い合わせランキング】2位 一発試験の合格率について