【沖縄県】公安で受けれる一発試験の情報をまとめました!

アクアドライビングスクール広報担当のあいりです!

今回の記事では、「一発試験」について

「これを読むだけで分かる」ということを目標に

あらゆる情報をまとめてみました!

もうメンドクサイ検索は必要ありません。

ぜひ参考にしてくださいね^^

*

沖縄県警察運転免許センターについて

「公安」と言う方も多いですが、正しくは運転免許センター。

那覇市西から移転して、現在は豊見城市豊崎にあり

2011年1月に建てられた建物なので、とても綺麗なセンターですよ!

運転免許センターでは免許更新の手続き等を行っていますが、

今回は「一発試験」にしぼって書いていこうと思います。

(普通免許)一発試験について

一発試験は「飛び込み試験」または「一発免許」とも呼ばれる、

運転免許センターで免許を取得する方法を言います。

あまり聞いたことがない方や、

「なんとなく聞いたことがあるけど詳しくは知らない」

という方でも分かりやすいよう、まとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

一発試験ってなに?

まず、説明しておきたいのが。

よく多くの人が勘違いをしているのですが

「一発試験って1回の試験に合格したら終わりでしょ?」

と間違った認識をしています。

この一発試験というのは、

実際には4回の試験に合格しなければなりません。

  • 仮免「学科」試験
  • 仮免「技能」試験
  • 本免「学科」試験
  • 本免「技能」試験

これらの試験を全て合格して、やっと免許取得となります。

「じゃぁなんで一発っていうの?」

という疑問の声も聞こえてきそうなんですが。

*

「練習なく一発で試験を受ける」ということから、

「一発試験」という名前になっているようです。

*

そして一発試験に関しての質問で結構多いのが

「どれぐらいで取得できるんですか?」という質問ですが

上記にもあるように4つの試験を合格しなければいけないので

「時間がかかってしまうんだ、、」と思ってしまいますが

あなたの技術次第では、最短2か月で取得が可能です。

(弊社のお客様も最短2か月で取得した方がいました!)

最短で、しかも最安で免許が取得できる点が

人気の高い理由でもあります。

(もちろん、、簡単ではありませんが汗)

*

どんな種類の免許が一発試験で取れるの?

さて、次は一発試験で取得できる免許の種類についてです。

普通免許(普通自動車)の他にも下記の種類が取得可能ですよ!

第一種免許第二種免許その他
大型大型小型特殊
中型中型原付
普通/準中型普通
大型特殊
けん引
大型自動二輪
(排気量400cc超)
普通自動二輪
(排気量400cc以下)

これらの試験を受けることができるんです。

できるんですが、独学では結構難しいところもあります。

また試験日も月に1~2回程度しかなく

試験に落ちてしまうと、予約が埋まっていれば

2か月待ち、、なんてこともあります。

なので教習所に通って免許取得する方が多いです。

*

どんな人が一発試験を受けるのか

一発試験は「取消なった人が受けるもの」とイメージが強いですが

交通違反や交通事故による免許取消者はもちろん、

免許更新を忘れて失効してしまった方(うっかり失効)や

運転の経験のある再取得者などが一発試験を受けていることが

ほとんどです。

*

一発試験の費用について

一発試験は基本的には試験代、手数料のみ支払います。

場合によっては違反者講習などの講習費も発生しますが、

トータルでみても自動学校よりも、かなり安くで取得することができます。

方法費用期間難易度
教習所約20~30万平均6か月普通
一発試験26,300円~2~3か月難しい

※費用はあくまでも目安です。(南部・中部・北部の各自動車学校により変わります)

※期間はあくまでも目安です。(自動車学校や運転免許センターの予約の混み具合による)

表からも分かるように、かなり費用を抑えて取得できます!

では一発試験に必要な費用の内訳を見てみましょう。

一発試験に必要な費用(目安)

こちらの表は「普通車」の一発試験の料金内訳です。

すべての4つの試験がスムーズに一発合格できれば

26,300円で免許を取得することが可能です。

下記は各項目の説明です。

試験手数料試験を受験するにあたって必要な費用
交付手数料合格した際、免許交付に必要な費用
取得時講習免許交付のために、受講する必要がある
応急救護処置講習免許交付のために、受講する必要がある(医者や看護師等は免除される)

*

一発試験では、なかなか独学で一発合格できる方は少ないので

不合格が続いた場合は、下記の料金が加算されていきます。

項目再試験手数料車両+コース使用料講習料
仮免学科2,900円
仮免技能4,350円
本免学科2,550円
本免技能3,350円
開放日 利用(1時限50分)3,500円
取消処分者講習30,550円

「開放日 利用」というのは、運転免許センターの試験コースが毎月 第2、4の日曜日に開放され

実際の試験車両を使用して、運転の練習をする場合の料金です。

これは「仮免技能試験」に向けた練習をする方が主に使用します。

開放日を利用した場合は、1回3,500円の料金を支払わなければなりませんので、

必要であれば上記の「一発試験の費用」に加算される料金となります。

*

また「取消処分者講習」とは、交通違反や交通事故などで免許取消になった方が

対象となるので、これら以外の免許再取得者は加算されません。(うっかり失効など)

取消処分者講習は30,550円と、なかなか高い金額ですよね。

この講習は一発試験で取得しても、自動車学校で取得しても

受けなければならない講習なので、違反などでの免許取消者は

金銭面での負担はかなり大きくなります。

なので違反などで免許取消にならないよう注意したいですね!

*

一発試験の日程(学科/技能の集合時間等)

各免許の試験によって、集合する時間が異なるので

しっかりと確認し、受験しましょう。

ここにある情報は運転免許センターHPに詳しく記載があります!

下記のボタンから確認できますよ!

ここでは集合時間等を簡単にまとめてみますね!

*

【学科試験】第一種免許・第二種免許・自動二輪免許・準中型免許

<受付> 月~金(休日および年末年始を除く)

<集合時間> ・指定自動車教習所の卒業生 対象 → 午前8:00集合

       ・指定自動車教習所の卒業生以外の、一般試験受験者 対象 → 午後1:00集合

<気をつけること> 試験手数料の購入等は事前に済ませること

沖縄県警察HPより引用しています。 引用URL:https://www.police.pref.okinawa.jp/docs/2018022100026/

【学科試験】小型特殊・原付免許・仮免許

<受付> 月~金(休日および年末年始を除く)

<集合場所> ・一般試験受験者 対象 → 午後1:00集合

<気をつけること> 試験手数料の購入等は事前に済ませること

沖縄県警察HPより引用しています。 引用URL:https://www.police.pref.okinawa.jp/docs/2018022100026/

*

また離島にある分校についても、以下のように記載があります。

【出張試験】安全運転学校(北部・宮古・八重山の各分校)、久米島

<対象> 一種・二種・二輪免許・小型特殊・原付免許・仮免許の学科試験

<実施日> 毎月2回

<注意> 試験について、月ごとの試験実施日が異なるので、

     詳しくは各分校にお問い合わせください。

     久米島に関しましては、運転免許センターにお問い合わせください。

・北部分校  0980-53-1301

・宮古分校  0980-72-9990

・八重山分校 0980-82-9542

・沖縄県警察本部交通部運転免許課 098-851-1000 (内線562)

沖縄県警察HPより引用しています。 引用URL:https://www.police.pref.okinawa.jp/docs/2018022100026/

次に技能試験について引用します。

【技能試験】第一種免許・第二種免許

<受付>   月~金(休日および年末年始を除く)

<受付時間> 午前8:30~11:45

       午後1:00~4:45

<注意>   予約制

       正し技能試験は電話での受付は行っておりませんので、ご注意ください。

沖縄県警察HPより引用しています。 引用URL:https://www.police.pref.okinawa.jp/docs/2018022100026/

上記にもあるように、技能試験は電話受付していません。

まず技能試験を受けるためには、学科試験に合格しなければなりません。

なので学科試験に合格後、技能試験の予約をとるという流れになります。

【技能試験】二輪免許

<受付>   第二・四 木曜日(休日および年末年始を除く)

<受付時間> 午後1:00~

<注意>   大型二輪免許試験を受ける方は、事前審査(体力テスト)を

       受けなければいけません。

       事前審査は毎月、第二 木曜日の午後3:30から行っています。

       詳しくは沖縄県警察運転免許センターにお問い合わせください。

・沖縄県警察運転免許センター 098-851-1000

沖縄県警察HPより引用しています。 引用URL:https://www.police.pref.okinawa.jp/docs/2018022100026/

【技能試験】大型特殊・けん引免許

<受付>   第一・三 木曜日(休日および年末年始を除く)

<受付時間> 午後1:00~

<注意>   予約制

       技能試験は電話での受付は行っておりませんので、ご注意ください。 

沖縄県警察HPより引用しています。 引用URL:https://www.police.pref.okinawa.jp/docs/2018022100026/

【技能試験】出張試験 久米島

仮免許を含む、一種・二種・二輪免許・仮免許の技能試験を

毎月2回実施。

(月ごとに試験日が異なるので、詳しくは沖縄県警察運転免許センターに

お問い合わせください。)

・沖縄県警察運転免許センター 098-851-1000

沖縄県警察HPより引用しています。 引用URL:https://www.police.pref.okinawa.jp/docs/2018022100026/

各免許によって、試験が実施されている曜日などが変わっていますので、

お間違えのないよう、ご注意くださいね!

特に必要なものは事前にしっかりと確認し、二度手間にならないようにしましょう。

*

一発試験対策って必要?

弊社の無料相談で、一発試験についてよく聞かれる質問があります。

それは、、

「一発試験って、どうせ何回か落とされるんでしょ?」

「飲酒とかで取消の場合は、必ず数回は落とされる」

という内容の質問です。

まず結論からいうと、「そんなことありません」ということ。

*

実際に、弊社のオンラインスクール生は一発で合格する方もいました。

もちろん飲酒による取消者でも、一発合格できました。

では、どうしてこのような話が出回っているのか?

それは「自分自身の運転のクセに気づいていなくて、

悪いクセを改善できないまま試験を受けているから」

*

運転免許センターは、試験を受験する場所であって、

練習する場所ではありません。

なので試験官が運転について指導することもありません。

自分の運転のクセは「無意識」に出ているため

認識していないんですよね、、

「自分は正しい運転できている!」

と思っていても、試験官はこれまで何十万人という運転を見てきたプロなので

あなたの小さなクセも見抜いていきます。

そして減点が重なり、いつまでたっても合格できないという

負のループにハマり、結局 費用を抑えて受けた試験も

不合格し続けていたら、自動車学校と変わらない費用、、

なんてこともあります。

*

このブログでは弊社のお客様の教習の様子もUPしています。

その記事を読んでいただければ分かるように、

「こんなことで減点されるの?」

「これが合格できない原因だったんだ」

と大きな気づきを得る人がとても多いです。

それぐらい運転のクセというのは、自分では自覚しにくいものです。

*

なので「一発試験の対策って必要なの?」というご質問には

「費用を押さえたいのであれば、しっかりとプロに指導を受け対策することが

合格への近道であり、費用を抑える最も効果の高い方法」

だとお答えしています。

*

どんな練習(対策)方法があるの?

一発試験の試験対策は「学科」と「技能」では対策法が違います。

それぞれを分けてご説明していきますね。

*

【学科試験対策】

学科試験に関しては、書店に練習問題集が販売されていますので、

その問題集をひたすら解くだけでも、かなり効果的で

合格できる方は多いように感じます。

しかし「ひっかけ問題」や「正解率の低い問題」が

いつまでも理解できず、「合格するまで、ひたすら試験、、」

なんて方もいるので、分からない場合は

プロの指導を受けたほうが時間・お金の節約にもなりますよ!

*

【技能試験対策】

技能試験対策では、「仮免許証を持っている/持っていない」で

対策方法が変わってきます。

仮免許証を持っていない(仮免技能試験対策)場合は、

路上に出て運転の練習をすることができません。

なので運転免許センターの開放日を利用し、決められた敷地内で

練習する必要があります。

しかし開放日は毎月第2・4の日曜日(月に2回)しか行っていないので

予約の競争率が、かなり高いんです、、

ほとんどの場合が「キャンセル待ち」になるかと思うのですが

確実に乗れるというものではないのです。

*

しかし試験の前には一度、運転を確認したいですよね?

そこで弊社では、仮免許証を持っていなくても運転の練習ができるよう

練習場として沖縄カートランドさんと連携を取り、

仮免技能試験の対策を行っています。

こちらに関しては下記のブログで詳しく解説していますので

一度読んでみてくださいね♪

本免技能試験対策は、運転免許センターに試験コース図が公開されており

いつでも確認することができます。

全部で10コースあるので、全てを覚えるのは難しいですが

ある程度、走る範囲は決まっているので一度確認しておくと良いです!

*

本免技能試験対策として、弊社では実際のコースを走行して

1つ1つポイントをお伝えしています。

オリジナルのコース図を使用し、細かい注意点まで逃さずお伝えするので

かなりの合格率を出せています。

転載・無断使用等 禁止

この図だけでも、十分に合格できる内容を詰め込んでいます。

さらに詳しい解説もセットになっているので

試験当日は、この図を持っていれば試験前に復習ができるので安心ですね!

*

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では「一発試験」に関する情報をまとめてお伝えしました。

あれこれ検索するのって凄く大変ですよね、、

なのでこの記事が、あなたに役立てれば嬉しいです♪

運転免許センターのHPへ飛べるリンクも貼っていますので

ここからいつでも確認することができます。

ホームページには「運転免許試験の手続き」について詳しく記載されているので

準備するものなどはしっかりと確認し、受験してくださいね!

試験合格を応援しています♪

最後まで読んでくださりありがとうございました!

━━・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・━━

アクアドライビングスクール 沖縄本校

  • 経営理念 –
    一生使える運転技術を提供し、
    みなさまの安全・安心・幸せな毎日を
    全力でサポートいたします。
  • 事業内容 –
    ・ペーパードライバー講習
    ・一発試験対策
    ・身障者運転再開支援
    ・オンラインスクール事業(沖縄県内初)
  • メディア –
    ・沖縄県経営革新計画 承認
    ・沖縄タイムス掲載
    ・経営ラジオ番組 ゲスト出演

事務所:那覇市久茂地1-1-1-9F

電話:080-4273-8131

ホームページはこちら

入校案内、各SNSはリンクツリーから

━━・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・━━

関連記事

  1. 【沖縄一発試験】アクアドライビングスクールが選ばれる理由

  2. 【免許の欠格期間】確認方法や免許再取得について

  3. 【お問い合わせランキング】1位 一発試験の流れが知りたい!

  4. 【沖縄一発試験】あまりない情報を公開します

  5. 【お問い合わせランキング】2位 一発試験の合格率について

  6. 沖縄、うっかり失効、一発試験

    うっかり失効した場合、どうしたらいいの、、、?